世渡りのうまい人に振り回され気味

未分類

仕事で移動中にちょっとコンビニよったりするのってサボりに入るのかしら?複数名で外出していたら「会食」「打ち合わせ」で乗り切れそうだけど、ひとりの時は微妙だよね。でも昭和のドラマじゃないけどさ、パチンコ屋とか入っちゃってるおじさんに比べればコンビニとかマックなんて可愛いもんじゃない?オフィスにいたってコーヒーブレイクするわけだし。タバコを吸いに行ったまま帰ってこないとか、他の部署に入り浸ってる人とか。酷い人なんて普通に夕飯の買物とかして帰ってくるからね。緩いなうちの会社。あまりにもみんなでルーズになってしまうと仕事に支障が出るかもしれないけど、ルールでガチガチに固められているより働きやすくていいよ。働き方改革で残業をー、とか育児中の人には時短勤務をー、とか制度で固定されるより楽かも。今日は子どものお迎え行かなきゃ行けないんで、って男性管理職でも早めに帰ったりするし。それを誰もとがめないのはいい社風だと思うよ。まあ、個人個人が最低限の仕事をきちんとこなしているからこそ成り立っているんだけどね。
実際仕事のできないスタッフが産休・育休取るときは上司の評価は厳しかった。入社1年くらいでデキ婚した人には、復帰のときにあまり特別扱いするなとクギをさされたもの。働く意思があっても体が追いついてこない人もいるし、もう働きたくないけれど手当てがもらえるからめいっぱい籍だけ置かせてもらおう、っていう考えの人もいた。こちらとしても配慮をすれば特別扱い、配慮をしなければ気遣いがない、と思われて正直どう対応したらいいのかわからない。
科学技術がどれだけ進んでも妊娠出産の仕組みは変えようがない。仮に完全に人体から切り離して、溶液の中とかで胎児を安全に育てられたとしてだ、出産の苦しみが取り除かれたとしてだ、今度は倫理がどうのこうのと騒ぎ立てるに違いない。日本って母親が苦しむことが愛情みたいな価値観、まだまだ根強いからね。

タイトルとURLをコピーしました